採用担当shirofukuの知財転職ブログ

知財業界への転職をお考えの皆様に 現役採用担当が参考情報をお伝えします。

試験に遅刻しそうな場合の対処法

f:id:shirofukuh:20180508221713j:plain

書類選考を突破できたら、次は筆記試験でしょうか。いきなり面接の会社も多いですね。

お仕事が終わってから試験会場に直行という方も多いと思いますが、遅刻はしないようにしなければいけません。

 

どんなに注意していても、電車が止まったりする事はありますので、100%遅刻しないことは難しいですが、5分でも時間に遅れそうになったら、電話を入れてください。

遅れること自体へのマイナスイメージは、そこまで大きくありません。ですが、遅れても連絡をしなかった時のマイナスイメージはとても大きいです。担当者によっては試験を受けずに帰るのとほぼ同じと考えて下さい。逆に時間を守らない人が多い中、5分遅れた場合に連絡してくる方のイメージは、かえってプラスになるほどです。

 

遅れた際にはまず電話でお詫び(ここでは手短に)、そして会場到着時に担当者に誠心誠意お詫びする。基本的なことができるかどうかが問われていますので、どうぞお気を付けください。

そのためには当日受ける試験の連絡先番号はどこかに控えていなければいけませんね。
それができるかが問われているわけです。

 

ここまでできれば、遅れたことについて何も心配する必要はありません。
そして気持ちを切り替えて試験に臨んでください。