転職サポーターしろふくの転職応援ブログ

現役採用担当が転職に関するお悩みに答えます

一度は確認して欲しい特許庁での仕事

知財の求人は、企業知財部か特許事務所しかないと考えている方、特許庁の求人をご覧になったことはありますか?

特許庁といえば、多くの方が思い浮かべるのが審査官の仕事でしょう。でも国家公務員だし、大学生の時から公務員志望として計画的に公務員試験など受けてないから、と思っていませんか。

5年間の任期がある「任期付審査官」とよばれる審査官の中途採用もあります。私の在籍した会社で、実際にこの試験を受けて審査官になった方がいます。いきなり弁理士を目指すのではなく、一度この任期付審査官を経験してから、5年のあいだに弁理士を目指すという方も多いようです。

また、審査官だけが特許庁の仕事ではありません。審査官以外にも、事務職員や各種調査員など、多くの職種が以下のサイトに掲載されていますので、一度のぞいてみてください。

採用情報 | 経済産業省 特許庁

 

特に、特許事務は過去に紹介したように、未経験者は就きにくい職種だと言われますが、私の在籍した事務所では、意匠調査員を経験したあと、特許事務職で採用された方もいました。


未経験から知財分野へ転職したい方、特許庁は敷居が低いため、知財経験を積むための第一歩を踏み出せるかもしれません。