転職サポーターしろふくの転職応援ブログ

現役採用担当が転職に関するお悩みに答えます

書類選考落ちが続いて心が折れそうな時は

一生懸命作成した応募書類に対して、その理由も明らかにされずに、お祈りメールを受け取るのは、たとえ一通でも落ちこんでしまうものです。
それが何度も繰り返されると、もうどこの会社にも受かることはないのではないか、これ以上応募しても無駄なのではないかと、思うこともあるでしょう。

私が40歳を過ぎて転職した際、今のような好景気でもなかったため、本当に苦労しました。返送される大量の応募書類とメールに、せめて理由が分かれば対策もできるのに・・・と思っていました。
これ以上自分でやるのは限界、と思って紹介会社へ登録をしに行きましたが、紹介会社にも「大変申し訳ありませんが、登録できません」と言われ(紹介会社に登録できないこともあるんだ!とその時はじめて知りました)、世の中すべてから拒否されたような気持ちでした。

ですが、お祈りされることは、実は落ち込むところではありません。あなたが悪いのではなく、その会社のニーズに合わなかっただけなのです。人格を否定されたように感じることもあるかと思いますが、単にその会社のニーズと合わなかっただけなので、そこで落ち込む必要はないのです。落ち込んでいる時間があれば、次の応募先を探した方が良いとよく言われますが、本当にそのとおりだと思います。

40歳を超えた方、特に50歳を超えた方でバブル世代✕理系だったりすると、新卒時代には何の苦労をすることもなく、就職先が見つかりました。そのような方に多いのが、その会社を早期退職されたあと、お祈りメールの連続で心が折れ、とにかく早く就職先を見つけようと思うあまり、全く違う職種に転職される方がいらっしゃいます。
バリバリの技術者だった方が、介護職や保険の営業職をされたりする例です。履歴書を見ると、そのあと1年足らずで辞めることが2,3箇所続く場合がほとんどで、不本意な転職だったのだろうと予想されるのです。

中高年の転職は、長期戦になりがちです。50社から100社くらい応募しなければならない場合もあります。応募する会社も多ければ、お祈りされる会社も多い訳なので、1つ1つのお祈りに心を折っていてはいけません。
書類選考で落とされれば、合わない会社へのそれ以降の対策はしなくて良いわけで、その会社のためにあなたの貴重な時間を使わずに済んだのです。気持ちを切り替えて、あなたに合う会社を探しましょう。
この気持の切り替えは、今後のあなたの仕事の中でも絶対に役立つスキルです。またスキルアップできたと思いながら、あなたと合う会社を探すため、前へ進みましょう。