しろふくの転職応援ブログ

知財分野の現役採用担当が転職を考えている皆様にお伝えしたいこと

離職期間について ~採用担当者が問題と感じる離職期間の長さは?~

こんにちは、しろふくです。
東京でもこの3連休は雪がちらちらしましたね、この冬一番の寒さです。
皆さん元気でお過ごしでしょうか?

今日は、離職期間について書いてみます。
以前の記事の中で、転職の際は可能な限り、在職中に活動するべきとお伝えしました。

www.shirofuku.com

とはいえ、会社都合であったり、精神的につらい場合など、退職してから就職する場合もあると思います。
採用する側が、応募書類を見ていて問題と思う期間がどのくらいなのでしょうか?


年代を問わず離職3ヶ月以内の場合は、問題はありません。
30代までの方の場合は3ヶ月以上、40歳以上の方の場合は6ヶ月以上あると、(この方の次が決まらない理由は何かな?)と思いながら、履歴書、職務経歴書をじっくり見ます。そして、その理由が分からない時は、
「なかなか仕事が決まらないのは、ご自分ではどうしてだと思いますか?」
と、厳しい質問をします。すると
「介護する両親がいるので、家から近い職場を探しています」
「一度研究職を探していたが、難しかったので方向転換しました」
など、理由をご自分で把握されている方もいらっしゃいますが、
「なぜでしょうか、景気が悪いからですかね・・・」 
「履歴書は沢山送っているのですが、落ちる原因が分からなくて・・・」
というように、その理由を自分でも分かっていない方もいらっしゃいます。

自分で理由を分かっている事は本当に重要で、そこが分からないと改善できないため、さらに離職期間が長くなってしまいます。それを避けるために上記の質問は厳しいようですが、ご自身で何か気づきがあればと思って、あえて質問をしています。

もしもどうしてもご自分で分からない、という方がいらっしゃれば、私もお手伝いできます。

coconala.com

離職期間が1年を超えてしまうと、採用する側も(何でこの方は1年以上も就職できていないのだろう?、何か理由があるはず)という気持ちで見てしまいます。
もし1年を超えそうとか、超えてしまった場合は、PCスキルを上げるために学校に行くとか、職業訓練校に行くとか、履歴書に空白期間を作らないための工夫も考えてみてください。